各国にいた世界的な英雄

悲運の運命を辿ったジャンヌ・ダルク

フランスを救うために立ち上がった

イギリスとフランスが百年戦争をしており、最終的にイギリスによってフランスが滅亡の危機に瀕していました。

あとはオルレアンという都市が制圧されてしまったら、フランスは完全にイギリスによって占領されてしまうというときに、神のお告げがあったというジャンヌ・ダルクが立ち上がったのです。

最初から、彼女の神のお告げについては誰も信じていなかったのですが、何度も説得をしていくうちにヴォークルールの守備隊長たちも感化されて、フランス国王の元にジャンヌ・ダルクを送るために、ジャンヌ・ダルクを守る護衛の募集をしました。

そして、フランス国王だったシャルル7世と対面を果たし、神のお告げを国王に伝えた後は、オルレアンに入って信者を鼓舞し、これまでの常識では考えられないような戦略でイギリスに対して校正を仕掛けたのです。

その後も、イギリスから数多くの都市を奪い返して、フランスは元の領地まで回復させることができたのです。

異端審問で処刑されてしまう

フランス国民にとって、聖女とまで言われていたジャンヌ・ダルクですが、彼女は思わぬ形でフランスから裏切られてしまいます。

パリの奪還をするために、パリを攻撃しようとしていた矢先に、休戦協定が結ばれ、ジャンヌ・ダルクは魔女として異端審問を受けることになります。

そして、異端審問で魔女だという烙印を押されて、23歳という若さで生きながら火刑で処刑されてしまったのです。