勇敢な戦国武将たち

江戸城無血開城の勝海舟

文政六年に江戸の小さな旗本の家に生まれたのがのちに日本海軍の生みの親と言われた勝海舟です。若くして父の実家に累する男谷精一郎の道場や島田虎之助に習い直心影流の免許皆伝となり、また蘭学や兵法などにも明るく聡明な男だったようです。

ペリー来航に際しては海防についての問題点を悟り、幕府に対して意見書を提出し幕臣の目にとまったところから、勝の出世が始まります。勝は長崎海軍伝習所にて大きな役割を果たすことになるのです。

そして万延元年には咸臨丸の艦長となり、日本初の太平洋横断を成し遂げ、大きな成果を挙げました。米国からの帰国後は軍艦奉行と海軍奉行を歴任、更に陸軍の総裁の座にも就き、まさに幕府の主役になっていったのです。

しかし時代は明治維新のまさにその時でした。各地で新政府軍と幕府軍が激しい戦いを繰り広げ、世情は大混乱に陥っていました。そして迎えた慶応4年、幕府軍の本拠地である江戸城に新政府軍が迫ってきていました。

勝は江戸庶民を混乱や戦火から逃れさせるため、新政府軍の西郷隆盛と会談し、見事に江戸城の無血開城を実現させたのです。

勝海舟は自らの功績のほか、坂本龍馬などを育てた面などから高い評価を受けています。同年代を生き新政府軍の首魁であった西郷隆盛からも、高く評価されています。

しかし一方で幕府が倒れたあと明治政府に参加したことや、不仲と言われた福沢諭吉に酷評されており、評価の難しい人物とも言われています。