戦乱の時代

東方見聞録を執筆したマルコポーロ

ヨーロッパからアジアへ

元のイル・ハンという使者がローマ教皇の下を訪れ、キリスト教の宣教師を送ってほしいと求めてきました。

その返事と、宣教師を元に送るための特使として、マルコ・ポーロの叔父であるマッテオと父親のニッコロが選ばれました。
そして、16歳のマルコ・ポーロも、父と一緒に、1270年に元に赴く旅に出たのです。

元に到着するまでの旅は、非常に大変なものでした。

道中でアルメニアで戦争に巻き込まれてしまい、派遣されていた宣教師は逃亡してしまいます。

それでもマルコ・ポーロたちは元まで移動をし、元の皇帝であるフビライ・ハンに教皇からの親書と聖油を送ることが出来たのです。
フビライ・ハンは長旅をしたマルコ・ポーロたちをねぎらい、元の役人として仕えることになりました。

17年間、元に留まったマルコ・ポーロは、揚州の総督を任されたり、中国各地を旅したりしていたのですが、この旅で見たり耳にしたものを本として執筆したのが、東方見聞録なる書物です。

帰国後にホラ吹きと蔑まれる

1295年に、元からヴェネチアに帰国をしたマルコ・ポーロは、元で体験したことや、自分が執筆した東方見聞録を周囲の人に伝えます。
最初は物珍しさで、マルコ・ポーロの人気も高かったのですが、徐々にホラ吹きだといわれるようになります。

この東方見聞録に記されている内容が事実だったのだと世間が知るようになるのは、マルコ・ポーロ没後、200年経ってからのことでした。