誰もが知っている英雄

源義経の短い生涯と逸話

兵士を滅ぼした立役者

源義経は、源平合戦において、屋島の戦いや壇ノ浦の戦いなどで活躍し、平家を滅ぼした立役者だったのですが、兄であり源氏の棟梁でもあった源頼朝と不仲にあり、追っ手を放たれます。

そして、東北の一大勢力であり、少年時代にお世話になった藤原氏に匿ってもらったのですが、藤原氏にも騙されてしまい、平泉で自害をしたというのが定説になっています。

壇ノ浦の戦いは海上での戦いなのですが、山で育った源義経がどうして海上で平氏に勝つことが出来たのでしょうか?

ここで、ある人物が関わっていたといわれています。

源義経と名前が同じである山本義経という人物がいるのですが、この山本義経が貢献したのではないかといわれています。

山本義経は、当時の書籍でも名前が残されており、どのような人物なのかもある程度は分かっています。

琵琶湖周辺で湖賊という海賊をしていました。

彼は源氏の血を継いでいたため、琵琶湖周辺で平家と争っていたようですが、敗北してしまい、鎌倉で勢力を築いていた源頼朝の下に落ち延びます。

この頃に、東北の藤原氏を頼っていた源義経も兄である頼朝と合流をしていったのです。

この時点で山本義経のことを記した文献がなく、山本義経がどのようにすごしていたのかが分からなくなってしまいました。
反対に源義経は、各地を転戦して、源氏の勝利に貢献します。

平家は水軍を持っており、現時は海での戦いは苦手であったのに、屋島などでも圧倒的な勝利をもたらしたのは、実は山本義経だったのではないかという説もあるのです。

大陸に落ち延びた説

定説では、平泉で源義経が自害をしたといわれていますが、実は平泉から脱出し、北海道へと渡り、樺太からモンゴルに渡って、元の礎を築いたチンギス・ハンとして歴史になお残したという説が昔からありました。