戦乱の時代

日露戦争と軍部主義への移行

日露戦争の時代背景

日清戦争が行われた後、その混乱に乗じて、満州にロシアが侵攻します。

そして、満州を占領下に置いたのですが、満州を抑えられたとなると、日本としても朝鮮半島にいつ侵攻されるか分かったものではありません。

朝鮮半島にも侵攻されたら、日本本土自体もいつ攻め込まれるか分からないと判断し、ロシアをけん制するために、イギリスと日英同盟を締結します。

さらにアメリカからも承諾をしてもらい、ロシアと満州や朝鮮半島について交渉をしていきます。
ですが、話し合いは平行線を辿り、だんだん日露の関係は悪くなっていきます。

日本でもロシアと戦うべきだという意見が多くなっていったことで、明治37年にロシアに対して日本は先制攻撃を加え、その2日後に宣戦布告をします。

当時のロシアというのは、世界最大の国土を誇っていましたから、開国してまだ数十年しか経っていない島国の日本は眼中にありませんでしたし、戦争を仕掛けてくることはないだろうと判断していました。

日本側は、日清戦争の折、三国干渉で日本国民がロシアに対して敵対心を持っていたため、戦争に対して意欲的でしたし、何年も前から戦争を想定して準備をしていました。

攻撃を仕掛けてから、陸軍は旅順を占領し、海軍も当時世界最強といわれていたバルチック艦隊に打ち勝っています。

世界から見ても、日本が強国であるロシアに勝つことは無理だろうと思っていたため、日露戦争でのロシアの敗北は世界に衝撃を与えました。

日露戦争がもたらした影響

日露戦争が講和によって終戦しましたが、この日露戦争は日本にもロシアにも大きな影響を与えることになります。

ロシアでは政府に対しての批判が日に日に増していき、日露戦争に反対をしていた社会党の支持が高くなっていきます。
そして、ロシア革命が起きて、ロシア王朝は滅び、ロシアは社会主義国になっていきます。

日本の場合は、日露戦争で勝利をしたことによって軍部が権力を持つようになり、後に太平洋戦争へと進んでいくことになるのです。