誰もが知っている英雄

清少納言は平安時代を代表する作家

平安時代の女性作家の一翼を担う

平安時代は、女性で小説などを執筆する人がとても多くなっていたのですが、その中でも特に有名なのは、長編小説の源氏物語を執筆した紫式部と、枕草子の執筆をした清少納言でしょう。

作家という共通点だけではなく、一条天皇の妻に仕えていたという共通点もあります。

そのため、紫式部と清少納言はライバル関係になっており、仲は非常に悪かったと伝えられています。

紫式部は、当時の摂政の藤原道長の娘の彰子に仕え、清少納言は藤原道隆の娘の定子に仕えていました。

元々、一条天皇と定子の関係は非常に良好だったのに、途中で権力を強めようと藤原道長が彰子を送り込んできます。

さらに、藤原道隆が死去し、定子の兄も権力を奪われてしまい、朝廷で定子は孤立をしてしまいます。

定子は子供を妊娠していましたが、24歳のときに出産をしていた際に死去してしまいました。

後に彰子も子供を産んで、藤原道長はさらに権力を強めていきます。

ちなみに、定子がなくなってから、清少納言は朝廷から去って執筆活動もやめ、福井県で隠遁生活をすごしたと伝えられています。

清少納言と紫式部の運命の分かれ道

清少納言と紫式部が朝廷内での活動期間が重なっていたのは、1年程度です。

ですので、仲が悪かったといわれていますが、実際のところはほとんど面識はなかったのではないかという説もあります。

清少納言が朝廷から去った後も、紫式部は彰子の下で宮仕えをしています。

定子が死去していなかったら、清少納言も枕草子以外で、色々な作品を執筆していたかもしれません。