戦乱の時代

近代日本は大政奉還から始まった

江戸幕府の終焉

徳川最後の将軍である徳川慶喜は、政権を天皇及び朝廷に返上したのが、いわゆる大政奉還です。

この大政奉還が行われたことによって、260年近く続いた徳川幕府は消滅したのです。

建前上は、大政奉還をすることによって、内乱を避けて、外国勢力に漬け込まれないようにすることが目的だったといわれています。
実際の所は、徳川慶喜は大政奉還をして政権を返したとしても、人材不足によって朝廷が政治をすることはできないだろうと判断して大政奉還で一時的に政権を返上したのだろうと考えていたようです。

しかし、幕府側の目論見は甘く、このときには既に薩摩や長州藩などといった藩が討幕運動を起こしていました。

徳川慶喜の推察通り、朝廷は政治を行うだけの人材はありませんでした。

しばらくの間は徳川家が政治を行うようにと伝えています。

王政復古の大号令によって失敗に終わる

討幕派である西郷隆盛や大久保利通たちは、徳川幕府の狙いを見破っており、1867年に朝廷に王政復古の大号令を発させます。

これによって、徳川慶喜は全ての権力を奪われてしまい、徳川慶喜は他の藩と同格にさせられます。

それでも、徳川家の権力は失墜していないと思い込み、鳥羽・伏見の戦いを勃発させるのですが、大敗北を喫してしまうのです。

そして、後日、朝廷による新政府に太刀打ちをすることはできないと判断し、大阪から江戸に逃げ、江戸城無血開城に繋がっていくのです。