勇敢な戦国武将たち

キリスト教に殉じた高山右近

高山右近は、摂津(今の大阪府)の高山家の嫡男として、天文21年に誕生しました。

当時はまだ日本にキリスト教が伝来したばかりだったのですが、既に高山右近の父親はキリスト教に入信をしており、高山右近も12歳のときに洗礼を受けて、ミドルネームを授かっています。

荒木村重の与力として、摂津高槻城を任されていたのですが、天承6年に織田信長に荒木村重が反旗を翻します。

織田信長はキリスト教の保護に力を入れていたのですが、荒木村重の勢力を弱めるために、高山右近に対して内通をしなかったら、キリスト教徒の弾圧を開始すると脅迫します。

この脅しに屈した高山右近は、織田信長に内通をし、荒木村重征伐に貢献をします。

その恩賞として、知行4万石の大名になりました。

そして、本能寺の変によって織田信長が倒れると、山崎の戦で羽柴秀吉に随身をし、様々な戦いで功名を立てます。

キリスト教の布教に力を入れる

武将として、様々な戦いに参戦している傍ら、高山右近は教会の建築にも力を入れており、キリスト教の布教を積極的に行いました。

天正15年に豊臣秀吉によってキリスト教の宣教師を国外追放にします。

そして、キリスト教の布教に力を入れていた、高山右近にも改宗を迫ったのですが、改宗しなかったため領地没収をされて浪人になります。

その後、キリスト教自体が禁止になり、高山右近は国外追放されることになったのです。

家族や他のキリスト教信者と一緒に長崎から出航し、マニラに入国します。

当時、マニラはスペインが統治をしていたのですが、キリスト教に殉じた結果、国外追放になった敬虔な信者ということで迎え入れられます。

この時、スペイン総督は最大限の歓迎をしたといわれています。

しかし、水が合わなかったのか、マニラで歓迎を受けてわずか40日で熱病を発症し亡くなってしまいます。

ほとんどマニラで過ごしていませんでしたが、高山右近の死を悼み、多くの市民が葬儀を訪れたといわれています。